• ホーム
  • 避妊薬と避妊具の違いとは

避妊薬と避妊具の違いとは

微笑む女性

避妊の方法には男性が主体となって行うものと、女性が主体となって行うものがあります。
男性主体の代表的なものはコンドーム、女性主体の代表的なものは避妊薬です。
それぞれメリット、デメリットがあり、避妊できる確率やコストも異なります。
特徴をよく理解した上で、適した方法を選ぶことが大切です。
コンドームは日本ではよく使われている避妊具ですが、女性が主体的に行えないという欠点があります。
望まない妊娠、中絶手術で肉体的、精神的な損害を受けるのは女性ですので、避妊は女性が主体で行うべきという考えがあります。
男性は経済的な負担をすれば良く、それすらも果たさない男性がいます。
このことを考えると、コンドームに避妊を頼り切るのは危険です。
また、コンドームは正しく装着し、正しく使用すれば98%程度の避妊成功率ですが、装着ミスや破損などによって失敗する可能性も小さくはありません。
一般的な使用では成功率は85%程度とされており、10回に1回は失敗する計算になります。
性感染症の予防には効果がありますが、避妊方法としては頼りないと言わざるを得ません。
他の方法との併用が望ましいでしょう。
一方で避妊薬は、女性が主体となって行える確実な避妊方法です。
毎日決まった時間に1錠飲むことで排卵を抑制し、女性の体を妊娠しにくい状態にします。
正しく服用すれば避妊率は99.7%と非常に高いため、コンドームに比べると確実な避妊方法です。
但し、飲み忘れなどがあると妊娠する可能性が高くなりますので、飲み忘れた時は避妊具を使うなどの予防措置をしましょう。
飲み忘れなども含めた一般的な使用では避妊率が92%に下がりますので、正しく服用するかどうかがカギです。