• ホーム
  • 避妊薬は欲しいが名前や年齢を告げるのが恥ずかしい時

避妊薬は欲しいが名前や年齢を告げるのが恥ずかしい時

考えている女性

避妊薬を処方してもらいたいと思っているけれども、病院で名前や年齢を知られてしまうのは恥ずかしいと思っている人もいるのではないでしょうか。
確かに避妊薬というのは性行為という非常にプライベートな部分に関わってくるものだけに、それを公にするようなことになるのは抵抗を感じてしまうものです。
しかし、避妊は恥ずかしいと言っていられるようなものではなく、もしも妊娠をしてしまえば困るのは女性ですから避妊に対して不安があるのであればすぐに病院で処方をしてもらうようにしましょう。
妊娠をしてしまった場合には、中絶をするにしても出産をするにしても結局病院に行かなければならなくなってしまいますし、その負担というのは非常に大きなものとなってしまいます。
それならば、一時恥ずかしい思いをしたとしても避妊薬を処方してもらっておいたほうが、後々のためになるというものです。
避妊薬を使わなくても避妊をすることが出来る方法というのはいくつもありますから、それらの方法でしっかり妊娠を防ぐことができるのであれば問題は有りません。
それができないあるいは不安があるという場合であれば、効果が高く正しく使用をしていればほぼ確実に妊娠を防ぐことができる避妊薬を使用するのが最適な選択となります。
妊娠というのはデリケートな問題ではありますが、してしまえば取り返しの付かないことになりますから名前や年齢を知られてしまって恥ずかしいと思ってはいられず、自己防衛をするためにはそのようなことを気にせずに薬を処方してもらうしか有りません。
そして、本人が思っているほどに相手側は避妊薬を処方することに対して、何も思っていないものですから安心して医療機関にかかって避妊薬を処方してもらいましょう。