避妊薬を飲むタイミング

薬を飲んでいる女性

世の中には男性と女性がいるのですが、そのペアによって性交渉をしていくと妊娠をするような仕組みになっています。
それでも妊娠というのは避けることができるものでもあります。
避妊方法としては、コンドームのほかにもIUDやペッサリー、ゼリーなど、いろいろな方法があるのですが、近年日本においても認知度が上がっているのが女性が服用する経口避妊薬です。
低用量ピルと中用量ピルがあるのですが、使い方が異なります。
低用量ピルというのは、事前に飲み続けることで女性の排卵を抑制するので精子と卵子が受精することがないので妊娠をすることがないというものになります。
避妊をするためには、しっかりと毎日服用する必要があるのです。
飲み忘れによって、効果がなくなることもあるので注意します。
できれば、毎日同じ時間帯に飲むように習慣づけるといいでしょう。
もしも飲み忘れても48時間以内であれば、効果は継続するのです。
それ以上時間が空いた場合ではほかの方法に切り替える必要があるのです。
一方、中用量のピルは緊急用の薬になります。
避妊に失敗してしまったり、望まない性交渉によって妊娠の可能性がある場合に速やかに服用するようにします。
これはできてしまった受精卵を子宮内に着床させないという仕組みになっているので、妊娠を防ぐことができるというものです。
性交渉から72時間以内に服用するようになっているので、早い方がいいといえましょう。
いずれのタイプの避妊薬にしても、医療機関を受診して出してもらう薬になります。
ですから、速やかに行く必要があるのです。
また、海外からの個人輸入による通販でも入手できるので、安く手に入れたいのなら、通販もいいでしょう。